会社案内

代表あいさつ

お客様の立場に立って小回りの利くきめ細かな住まいづくりを。

地域の皆様に支えられ

 こんにちは。ヒラモリ建築工房の平盛裕治です。平成8年、郷里高森にてヒラモリ建築工房なるものを設立し早、18年が過ぎました。
設計事務所として開業したものの、地元から離れていた年月と地域柄を考えれば当然のこと、デスクワークの仕事がすぐに軌道にのるわけもありません。
幸い、大工だった父の最後の弟子、甲斐隆徳さんが近所に住んでおり、空家にしていた我が家の改築をしてもらったのを機に「一緒にやらんね」と、「一級建築士事務所」から「増改築・修繕専門工務店」と看板を書き換え大工の手元として毎日汗を流しました。

地域写真

 先日、地元を離れ市内で開業している元会社の同僚の方と話をしましたところ、「地元でやっている平盛君はよかね」と羨ましがられました。 全くその通りです。ご近所から町内、南阿蘇圏内そして阿蘇郡市から菊池郡、益城、熊本市とご縁がつながり、地元の皆様に助けられ支えられて仕事をさせていただいているということを痛感しています。

初心に返って

 図に乗ってちょっと怠けると仕事が減り、初心に返って又、一生懸命頑張れば仕事が増える...と実感しています。
 趣味の時間を持つことにあこがれた時期もありましたが、子育てもある程度は終わり、時間的なゆとりができたのか今は何よりも仕事が楽しくてしょうがありません。
このたび新規「不動産事業部」を開設いたしました。不動産売買、賃貸住宅、アパートなど幅広くお客様のニーズに対応し、文字通り、「住まいと暮らしのエキスパート」として地域に密着した「愛される工務店」であり続けたいと願っております。
「お客様の立場に立って、小回りの利く、きめ細かな住まいづくりをさせていただきます」
 これが、開業当初からの私のモットーです。
 お客様とのご縁に心から感謝しつつ初心を忘れることなく常に前進致す所存です。お引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

株式会社ヒラモリ建築工房
代表取締役/一級建築士

平盛 裕治

Yuji Hiramori

代表取締役プロフィール

  • 昭和32年5月22日生まれ O型 ふたご座  酉年
  • 熊本県阿蘇郡高森町出身 九州東海大学建築科卒業
  • セントラル設計㈱、新産住拓㈱、ミサワホーム九州熊本支店を経て平成8年3月ヒラモリ建築工房を設立。
  • 一級建築士
  • 趣味…キャンピングカーとロックバンドは現在休趣中。仕事、仕事の後の手づくりハイボール(冬はお湯割り)

会社概要

名称
株式会社ヒラモリ建築工房
所在地
〒869-1602 熊本県阿蘇郡高森町高森1379-2
連絡先
TEL:0967-62-3395 / FAX:0967-62-3396
資本金
1,000万円
沿革

平成8年3月

一級建築士事務所ヒラモリ建築工房として営業開始。
増改築・リフォームをメインとした業務を展開。

平成13年3月

事業拡大のため法人化
有限会社ヒラモリ建築工房設立

平成20年10月

株式会社ヒラモリ建築工房に組織変更。

平成26年5月

不動産事業部を開設、現在に至る。

事業領域

住宅・店舗等の新築・増改築・リフォーム・改造・修理など
 建築工事の企画、設計、施工、監理及びコンサルティング業務
 建築物(マンション・店舗等含む)のインテリアプラン設計、施工

宅地建物取引業
 土地・戸建住宅の売買、賃貸住宅・アパートの仲介、管理、
 リフォーム相談、不動産に関するコンサルティング業務

許可/
会員加盟団体等

建設業許可登録 熊本県知事(般)第15094号
一級建築士事務所登録 熊本県知事3594号
宅地建物取引業登録 熊本県知事(1)5002号

(一社)JBN (ジャパンビルダーズネットワーク)
(一社)熊本県木材協会連合会
(一社)熊本県宅地建物取引業協会
(公社)全国宅地建物取引業保証協会熊本本部
(公社)熊本県建築士会
(公社)阿蘇法人会
熊本県商工会連合会
日本古民家倶楽部

スタッフ紹介

スタッフ写真

代表取締役/一級建築士

平盛 裕治

お引渡しの際、心から喜んでくださるお施主様の姿が次なるパワーの源となり、そこから更に親交が深まるなど仕事の喜びは大きいです。
ご満足いただけるお引渡しが出来るようお客様の為に何をなすべきか常に考え行動していきたいと考えております。お引き立てのほどよろしくお願い致します。

スタッフ写真

取締役

平盛美恵子

インテリアコーディネーター、整理収納アドバイザー、増改築相談員、木材アドバイザー、宅建主任と、資格をとり専門家の立場でお客様にご提案できるよう頑張っております。
以前はトールペイント(カントリーSaiko)講師をやっておりました。絵を描くことが好きです。

スタッフ写真

大工

甲斐生人

「健康第一」
日頃の体調管理には特に気を配っています。体が資本の仕事ですからね。そして、仕事に対して、常に前向きに取組んでいます。後輩たちにも「取り組む姿勢」これが一番大事だと教えています。休憩中は仕事仲間と和やかに談笑。ストレスを溜めないことも健康の秘訣です。

スタッフ写真

大工

渡辺宗康

「真剣勝負」
お客様に喜んでいただくことが自分の喜びに繋がっています。小さい仕事、大きい仕事、住宅の仕事は実に幅が広いですが、どんな仕事でもいつも真剣勝負。
気を抜かず、手を抜かず丁寧な仕事をやるだけです。自分を幸せにしてくださるお客様に感謝します。

スタッフ写真

大工

甲斐隆徳

「脳トレ大好き」
いくつになってもまだまだ勉強。人の仕事を見て学ぶことが多いですね。 進化し続ける、現代の「家づくり」に対応できる棟梁として、新しい建材や工法の情報を先取りし日々努力しています。
趣味は「ナンプレ」で、お昼の休憩のときに良くやります。そのせいではないですが、朝の目覚めが良くて出勤時間がいつも一番早いのがとりえです。(年のせいではないですよ~。若い時からです。)

スタッフ写真

大工

東涼太

「憧れの職業に就けた喜び」
子どもの頃、「うちに来て大工にならんね。」義叔父さんの冗談めいた何気ない言葉がきっかけで、大工の仕事に興味を持ちました。卒業後、市内のリフォーム会社で働いていましたが、叔母さんから、「ちょっと手伝って」との電話があり、会社の休みの日に手伝ったのが事の始まりで今日に至ります。まだまだ未熟な自分ですけど、もうすぐ一児の父となるので、気合を入れて頑張ります!

スタッフ写真

大工

廣木道由

「安全と安心」
高千穂から南阿蘇への道は、冬はよく凍結します。事故に合わないよう安全運転を心がけ通勤しています。また仕事では、不安や、期待を膨らませたお施主さんの気持ちに寄り添い、高千穂弁で明るく話しかけています。安心してお任せしてほしいです。
趣味は園芸で、樹木を育てることが大好きです。休みの日には、チョッキン、チョッキンいつも剪定しています(笑)

スタッフ写真

現場管理

國貞俊文

「山に来た釣りバカ」
昨年10月60歳でリタイア。再就職を考えている最中に、声をかけていただいたのがヒラモリ建築工房でした。大工になるには年が往ってますから、こまごまとした雑用的な仕事を率先してやってます。気配りと目配りが得意なので、何でもお気軽にお申し付けください。 趣味は釣り一筋。釣りと魚のことなら何でも聞いてください。但、丘釣りは苦手で、未だ独身…どなたか食いついてください!!

スタッフ写真

取締役

平盛利光

地元高森で平盛工務店を営むもオイルショックを機に脱サラならぬ入サラ。新産住拓の取締役部長となり「鬼の平盛」と現場の職人に恐れられていました(笑)。妻リツエの介護の為平成七年帰高。5年前、妻を看とり、健康に気を配りつつ毎日を過ごしています。3月に87歳になりました。一級技能士検定の熊本県大会で墨壺が落下し惜しくも2位になったことが、微笑ましいエピソードとして語られています。今も図面のチェックや木だし、大工さんたちの切込みの指導をしています。長年愛用した大工道具はいつも手入れが行き届いているのは流石です。

施工事例のご紹介

リフォーム事例のご紹介

不動産・物件情報

お知らせ・スタッフブログ

0967-62-3395

メールでのお問い合わせはこちら